読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Working Mother Engineer's Blog

働く母の技術日記

Bose QC15の本体を交換した件

はじめに

 
何年か前に夫さんの誕生日に BoseのQuiet Comfort15をプレゼントしたんですが,
 

www.amazon.co.jp

 
現在ではすっかり私の家事道具に成り下がっています…。
 
なぜって?
 
通勤道具として持ち歩くにはでかいからです。
 
そんなわけで、私が夜家事のときにオーディオブックを聞くのに使用しています。
洗い物しながら水ジャージャーの音にオーディオブックの音がかき消されません。
とっても優秀です。
 
が、とうとうこいつのヘッド部分が我が家の湿気に負けてもろもろになりました…

f:id:tana3ka:20150820150211j:plain

もろもろどころかちょっとベトベトに!!
もはやこれ以上使えん!ということで、やっとこさBoseカスタマーサービスに連絡したのでした。
 
そんなわけで、今回はBose Quietconfortの交換手順と費用とそれにまつわる考察についてです。
 

Boseカスタマーセンターへ連絡

まずはBoseのカスタマーセンターへ連絡。

 

www.bose.co.jp

 

今回は手っ取り早く電話しました。

時間や手間が面倒でなければメール問い合わせもできそうですね。

保証期間内でもないので、特に準備するものもありません。

 

状況を説明して、有償本体交換になる旨の説明を受けました。
交換費用は 11,880円。
新製品(QuietConfort25)への買い替えならば 32,400円、とのこと。
 
迷った結果、今回は交換だけにしておくことにして、この電話で優勝交換の申し込みをして、管理番号を発行してもらいました。
管理番号とともに、本体をカスタマーセンターへ郵送してもらえればOKとのこと。
代金は代引きで支払えばOKとのこと(クレジットは不可っぽい)。
 
かかった費用:電話代
 

Bose カスタマーセンターへQC本体を送る

そんなわけで、QC15をてきとーな梱包材で包んで、紙袋に入れて、ガムテープでしっかり塞いでから
近所のコンビニへ持ち込んで宅配依頼しました。
 
かかった費用:1000円くらい
 
待てよ、Bose直営店に持ち込んだら郵送費要らなかったんじゃないの?まぁ交通費と時間がかかるけどね。
 
 

受け取り&支払い

 届きましたー。
玄関先で11880円を支払い、受け取り。
 
f:id:tana3ka:20150615143903j:image
 
確かにまっさら新品です。
 
f:id:tana3ka:20150615143917j:image
 
ちゃんと保証書つきです。
 
f:id:tana3ka:20150615143932j:image
 
 かかった費用:11,880円

考察

QC15、今でも30000円くらいしそうですから、新品が12000円くらいで手に入るならば悪い話ではない…
 
しかし、メンテナンス費用と考えると若干想定外の出費というか、もうちょい持って欲しかった感も否めない…
有償交換のお値段もいいところついてるなぁ…
 
今度はできるだけ丁寧に使って(どうかなぁ…いちいち乾燥剤の入ったケースにしまうかどうかは微妙だ…)、次にダメになったときに、耐久年数と交換代金とその時の新製品や他社品を鑑みて、どうするか決めよーっと(得意の結論後伸ばし)。
  

まとめ

 BoseのQuietConfort15がダメになったので、有償交換したよ!
カスタマーセンターへ電話して、本体を送ったら新品が届くよ!
11880円で新品が手に入るよ!